最新記事一覧

得する節税方法

レディ

損金として計上する

企業の節税対策として保険を活用する方法があり、多くの企業で取り入れられています。保険が節税対策になる理由は、保険を支払う際にかかる費用の、全部もしくは一部が損金として計上されることが挙げられます。保険に加入する際に、従業員の福利厚生として役に立つ保険に加入すれば、福利厚生を充実させながら節税対策も出来るのでお得です。主に、節税対策として利用されている保険の種類としては、養老保険が挙げられます。満期まで金額を支払う事で、必ず満期の保険金が支払われるので従業員にとっても金銭的にプラスになり人気です。さらに、満期の金額を退職金として使用するという方法を利用する企業が多く、利用価値の高いプランであると言えます。養老保険に加入する場合は、損金としてどれくらいの金額が計上できるのかを加入前に確認しておく事が必要です。全額が損金として計上できない場合でも半額が損金として計上できれば、節税対策としてかなり有効であると考えられています。従業員にとってもひとつの企業で長く働く事で、退職金がしっかりと支払われるというメリットがあり双方にとって良い節税対策です。福利厚生を節税対策に利用するプランとして、様々な保険会社から企業向け提案されており、中小企業でも加入しやすいものが多くなっています。ハーフタックスプランと呼ばれる福利厚生と養老を半分ずつ目的としたものが人気となっており、半額は損金として計上できるので安心です。